安心して通えるクリニック厳選!千葉エリアのおすすめ美容外科リスト

美容外科と形成外科の違いって?

ここでは、美容外科と形成外科の違いについて解説していきます。それぞれの治療の特徴を確認しておきましょう。

形成外科とは

美容外科との大きな違いとして、形成外科は「疾患のある人を対象に治療を行う」という点が挙げられます。

手術方法は美容外科で行うものに似ている部分もあるのですが、日常生活に支障をきたすような疾患のある方を治療する、という点で、美容外科とは異なる目的の医療になります。

“体の表面の異常を治すこと”をおもな治療範囲としており、先天性の異常や外傷による体の一部の変形の治療、がんの手術後の変形の治療などがこれにあたります。

具体的には、乳がんで切除した乳房の再建・火傷や擦り傷、切り傷による皮膚の損傷の治療、怪我をしてできてしまった痣や骨のゆがみ(顔のゆがみやひきつりなど)の治療です。

また、眼瞼下垂(がんけんかすい)や逆さまつげを治すための治療も、形成外科の範囲です。

美容外科で行う二重まぶたの手術は、この眼瞼下垂の治療を応用したものともいわれています。

ちなみに、美容整形と間違いやすい医療に「整形外科」というものもありますが、これも美容整形とはまったく異なる治療を行うものです。

整形外科とは、病気やケガによって損なわれた身体や運動機能の治療を行っているところで、関節や骨、筋肉、神経、じん帯、脊髄などの病気の治療や、怪我の治療、リハビリテーションなどがこれにあたります。

整形外科で取り扱う具体的な疾患は、椎間板ヘルニア・骨肉腫・関節リウマチ・坐骨神経痛などがあります。

なお、形成外科や整形外科の治療には、ほとんどの場合健康保険が適用されます。

美容外科とは

いっぽう美容外科は、形成外科での治療と似ている部分も多いのですが、美容外科という名のとおり、「美しさを求める人が手術を受けに訪れるところ」になります。

形成外科とは違って、体の健康には異常がない(機能上の欠損がなく、変形を矯正する必要などがない)方が、顔や体の気になる部分をよりキレイにしたい、という場合に訪れるのが美容外科です。

日常生活に支障がなく、見た目を良くするためだけに行う手術なので、治療は全額自己負担となり、これも形成外科との大きな違いになります。

おもな手術は、二重まぶたの手術や鼻を高くするプロテーゼ注入、豊胸手術、脂肪吸引、皮膚のたるみ修正などが挙げられます。

健康上の問題を治療する他の医学とは別物と捉えられることが多いですが、コンプレックスなどの心の問題を解消してくれる手段のひとつとして有効であり、手術の結果、気持ちが前向きになり生活の質が向上するという大きなメリットがあるのが特徴です。

ただし、美容外科は医学の一分野とは認められておらず、医師免許さえ持っていれば誰でも美容外科医を名乗ることができるそうです。

このため、経験や技術の浅い医師でも簡単に手術が行えるので、医療事故なども起こりやすいという側面があります。

ですから、美容整形を受ける場合は医師の経験・技術をしっかりと確認しておくことが重要であるといわれているのです。

 
千葉中央美容形成クリニック
千葉中央美容形成クリニック
  • 施術
    種類
    花丸
  • カウンセ
    リング力
    花丸
  • アフター
    フォロー力
    花丸
船橋中央クリニック
船橋中央クリニック
  • 施術
    種類
    花丸
  • カウンセ
    リング力
    二重丸
  • アフター
    フォロー力
    花丸
品川美容外科
品川美容外科
  • 施術
    種類
    丸
  • カウンセ
    リング力
    二重丸
  • アフター
    フォロー力
    二重丸
このサイトの管理人です
理人紹介
元アイプチ愛用者→埋没法で理想の二重になれた経験あり。それ以来美容クリニックのファンになり、美肌・美白を目指して、たびたびクリニックのお世話になっている。
 
ページの先頭へ
 
千葉のおすすめ美容外科・整形クリニックなび